loader image

レイボルド株式会社

2021-10-29T15:27:56+09:00

Project : レイボルド株式会社 Category : Branding/Interior/Exhibition Date : 2017/2018/2019/2020 <本社オフィス> 業界をリードする企業として“伝統”と“先進性”を「上品さ」と「スタイリッシュさ」の調和のとれたデザインで表現し、ブランド力のさらなる向上を目指した。また和をイメージさせるデザインを取り入れ、世界中のお客様を迎える日本らしいおもてなし空間を演出。 <レイボルド名古屋支店> レイボルドの歴史、さらなる進化・発展を感じる空間、来賓客へもてなしの意識と社内スタッフへ向上心の意識を感じる空間 本社同様に障子や木彫のパネルを施し、レイボルドの歴史を表現する。 壁面に金属製の見切りを施し、上品にお客様をもてなす空間を演出する。 EVホールは木調の意匠を施し、旧名古屋支店・本社展示ルームを連想するデザインとする。 新社屋に歴史を感じ、新たに歩み出す意識の表れる空間を演出する。 <横浜ショールーム> オフィスカラーを彷彿とさせる、ブルーを基調に構成。 主役となる製品を際立たせるため、近未来的なスタイリッシュでシャープな印象を与える直線的なデザインに統一。長時間の滞在でも快適に過ごせるよう、サーカディアンリズム(体内時計)に合わせた色と照度を自動調整したプログラムや、カラーライティングなど雰囲気の変化を楽しめる8つのパターンの照明をスイッチ一つで簡単に切り替えられるよう設定。またスピーカーを設置し、視覚だけでなく聴覚にも訴求し、居心地の良い空間を演出。 <インターフェックスジャパン> レイボルド様のショールームや本社のデザインに合わせた、近未来的なシャープな印象を与えるブースデザインに。スムーズで効果的な人の流れを生み出す動線計画で、お客様が入りやすく、また滞在しやすいマシンのレイアウトを意識。 通行するお客様の足を止め、一瞬で人々の目を惹くような少し遊び心を入れた動画は、モニターの位置にも配慮し、ブースのイメージにもマッチするような近未来的な映像に仕上げた。 TOKYO OFFICE YOKOHAMA OFFICE [...]

MS building

2021-10-31T14:05:04+09:00

Project : MS  building Category : Interior Date : 2016 1階に飲食店2店舗、2階より上にはそれぞれオフィスが入居。エントランスはアンティーク調のブリックタイルを使用。ウーズジョイント仕上げにすることで、会社の歴史を感じさせるような少し古びた味わいのある雰囲気を演出。 オフィスは、床・壁・天井をすべてスケルトン状態にし、ミーティングルームと柱のみを化粧することで、雑多な空間とすっきりとした空間の対比を際立たせ空間にメリハリを生み出した。アーティストによる壁面グラフィックを外観に取り入れることでインパクトを与え、遊び心のある建物に。 Interior

Go to Top